日本三名園 岡山 後楽園

林泉回遊式の庭園
後楽園歴史・概要
岡山市内を流れる旭川をはさみ、岡山城の対岸の中州に位置する岡山後楽園は、岡山藩主池田綱政公が家臣の津田永忠に命じて、貞享4年(1687)に着工、元禄13年(1700)には一応の完成をみました。
その後も、藩主の好みで手が加えられましたが、江戸時代の姿を大きく変えることなく現在に伝えられてきました。
また、江戸時代の絵図や池田家の記録、文物が多く残され、歴史的な変遷を知ることのできる、地方では稀な大名庭園となっています。


Top

(C)日本三名園 岡山 後楽園